占いの種類について

占星術とは太陽や月・地球以外の惑星や星の動きを見ることで占います。
占星術は西洋・東洋で占い方法が変わってきます。
占星術は全て同じ場所で発祥し、何年もかけて独自に進化していきました。
星座占いは星を見ることで占いを行います。
星占いは占星術を簡略化したもので、数が少ない占い方法です。
血液型占いは血液型で占う、日本特有の占いです。
血液型占いは、短い時間で全ての属性の解説ができるため、テレビや雑誌でよく用いられます。
血液型占いと同じく、星座占いも短い時間で占えます。
おみくじは、神社や仏閣などで、神様・仏様からのお告げに近い形で、運勢を提示されます。
タロット占いは、タロットカードを使って占います。
タロット占いは、全てのカードが78枚、内大アルカナが22枚・小アルカナが56枚あります。
日本でのタロット占いは22枚で行うことが多いです。
夢占いは夢に出てきた物のうち、覚えているインパクトの強いものを象徴として解釈します。
夢占いは本人の感覚や記憶力が重要となってきます。
姓名判断とは、その人の氏名を使った占い方法で、画数や文字数で運勢を占っていきます。
手相占いとは、人の手のひらに刻まれた線を見ます。
手相占いは、手の線の他にも爪の状態や、手の凹凸などによっても調べることができます。
他にも様々な種類の占いがあるので参考にして下さい。