占いとは

「占い」は大変古くから用いられ、現在でも多くの人に利用されています。
占いには様々な方法があり、人の心の内側や運勢・未来など無限に判断することができます。
占いは無限に存在し、職業としている方も多いです。
一般的には占い師と呼ばれていますが、手相家・人相家・気学者などと呼ばれる人も多く存在します。
世間では様々な占いの方法が生み出されています。
「当たるも八卦、当たらぬも八卦」と言いますが、その名の通り占いは他の業界とは大きく違う点があります。
誰でも占いをしたことがあると思います。
占いの結果は必ずしもその通りになるようなものではなく、未来を予想するというものが多いです。
不安になることやどうなるか分からないことなど、運勢を判断するというものが多いです。
雑誌などの誌面に星座や血液型で占いも載っています。
最近では電話占いなど、顔を見合せず占ってもらるものもあるようです。
占いは、見る側と見られる側がいて成立します。
見る側には様々な呼び方があり、先生と呼ばれる方も多いです。
占いは統計という人もいますが、基本的に占いは統計学を使用しているわけではありません。
占いは占い師によって占い方や解釈の仕方が違うため、統計を実際に取ることも難しいと言われています。