占いの歴史

占いとは人間が集団で生活するようになると同時に、集団のまとめ役である神の言葉掟として定められました。
日本では、邪馬台国の女王である卑弥呼が占いを用いて政治を行ったのが有名です。
古い時代においては、国の重要な問題を決定するときに占いを使用していました。
国の政治についても占いを使用し、その結果を神の言葉とすることで、民衆が従いました。
平安時代に入ると、人相、地相、家相、夢占い、墨色、筮竹と算木を使った占いが盛んになりました。
鎌倉時代に入ると、九星、墓相、剣相、字占、判占、水晶占い、粥占い、年占いなどが主流となりました。
室町時代に入ると、占いの学校と呼ばれる「足利学校が設立されました。
江戸中期頃に入ると、新井白蛾という有名な占い師や「易者」が生まれました。
明治時代に入ると、高島嘉右衛門が現在における高島暦を生みだし、現在においても占いで利用されています。
西洋占星術は五千年前にバビロニアにおいて発祥したと言われています。
現代にも引き継がれている星位図を描く占星術は、紀元前1千年紀半ば以降になって広がりました。
古来より、天文学と占星術の境界の曖昧な時代は長く続いてしまいました。
現存最古の星位図は、楔形文字の記録に残る紀元前410年の出生星位図です。
西洋占星術はメソポタミア、アッシリア、カルデアと伝承され発展してきました。